株式会社日本マネジメント協会TOPページ

事業を1時間短縮できないか?【2020.12.10】

 新型コロナの影響によって売上減少や事業縮小に見舞われる一方で、企業活動において無駄や非効率的なことがなかったでしょうか。コロナ禍での働き方の変化は、従前の仕事の方法が、必ずしも最適な方法ではなかったことを示唆したともいえます。

 仕事の進め方や手順、営業方法などを見直すことで、労働時間と経費を削減できれば、売上減少下においても利益の確保につながります。例えば、業務時間を1時間減らせないか、社内で話し合ってみましょう。

  • 現在の業務(仕事)は本当に必要なものか?(何の役に立っているか?代替えできないか?)
  • 一つの業務を複数の業務や工程に分ける、反対に複数の業務を一つに集約することで効率的に仕事を進められないか?
  • 業務の流れ、進め方が複雑・煩雑化していないか?(簡単・簡素化できないか?)
  • 人員配置を変えることはできないか?
  • 会議・打ち合わせを減らせないか?
  • ウェブ会議、リモート営業などのスタイルを導入できないか?

 以上のような着眼点で考えると、課題が発見・整理しやすくなります。

Tagged on: ,