株式会社日本マネジメント協会TOPページ

コロナ対応融資等と返済への備え

 新型コロナウイルス感染症の終息が不透明な状況で、様々な支援策が出ています。皆様既知の通り、新型コロナ対応融資をはじめとする資金繰り支援策を活用して、資金調達等を行っていると思います。しかし、長期化するコロナ禍の中で、追加融資が必要になる事態を想定するとともに、その後の返済にも目を向けていくことが必要となります。

 まず、追加融資について、今までは金融機関側に迅速な融資対応が求められていたこともあり、「新型コロナウイルスの影響」であれば融資が受けやすい状態にありました。しかし、今後は追加融資の必要性や、返済可能性についての説明や根拠資料が必要になってくるかと思います。

 また、今後の返済についても、既存借入に関して契約ごとに金融機関名、借入金額や期間、利率、毎月の返済額など必要事項をまとめて管理し、確実に返済できる計画を立てていく必要があります。日本政策金融公庫や商工中金のコロナ関連の融資に関しては、既往債務の借換えの対象になっており、また、金融庁から各金融機関に対しても返済金額や返済方法の条件変更について、柔軟に対応するよう要請が出ています。交渉次第になりますが、相談に応じてもらえる場合もあるようです。

 追加融資も、返済に関しても自社の現状と今後の計画を経営者自らが把握し、説明できることが重要となってきます。そのためにも毎月々の月次試算表や経営計画をしっかりと活用していく必要があります。

 先が見通せない時代ではありますが、今後も存続し、発展していくためにも今を見据えて実現可能な未来を創っていきましょう。