株式会社日本マネジメント協会TOPページ

インボイス制度について

 2023年10月1日からインボイス制度が導入されます。インボイスとは、取引ごとに税率を区分した請求書(適格請求書)のことです 。

 インボイス制度は正式名称を「適格請求書等保存方式」といい、仕入税額控除を受ける際に適格請求書の保存が必要となる制度です。
 制度の適用を受けるためには、適格請求書発行事業者になっていなければなりません。適格請求事業者の登録申請は、2021年10月1日より受付が開始されます。登録を受けた課税事業者のみが適格請求書を発行することができます。 

 免税事業者は発行することができないため、免税事業者からの仕入れは仕入税額控除ができません。経過措置が設けられていて、免税事業者から仕入税額控除できる割合は段階的に減っていきます。完全にできなくなるのは、2029年10月1日からの予定です。

今後も適格請求書を発行できない免税事業者であり続けるのか、それとも課税事業者となるのか、免税事業者はその決断をしなければなりません。