株式会社日本マネジメント協会TOPページ

年末調整について

 年末調整の時期が近づいてまいりました。 保険の払い込み証明書等、年末調整に必要な書類が届き始めている頃だと思います。これらの書類は、年末調整時に会社に提出する大切な書類となるため、捨てずに保管しておくようにお願いいたします。

 毎月の給料から天引きされている徴収税額は、源泉徴収税額表の月額表に当てはめて計算された仮の金額となっています。 税額は、給料の金額が同じであっても人それぞれのおかれている状況に応じて変わります。

 例えば、保険料の支払金額や扶養の人数等が挙げられます。この1年で扶養の人数が昨年と変わっている場合もあります。毎月給料から天引きされている徴収税額にはこれらの情報が含まれていないので、年末調整をすることによって、正しい税額を算出する必要があります。

 年末調整によって正しい税額を算出するとこの1年での徴収税額と比べて差が出てくると思います。年末調整後の税額より徴収税額の方が小さい場合には追徴となります。反対に徴収税額の方が大きい場合には還付となります。

 所得税の税額控除できるものの中には年末調整で控除することができず、確定申告を必要とするものもあります。特に住宅ローン控除には気を付けなければなりません。住宅ローンを組んだ最初の年は年末調整で控除することができず、確定申告が必要となります。しかし、2年目以降は年末調整で控除することが可能となります。

 このように注意すべき点が多くあります。 今年の年末調整に向けて準備を今から進めていきましょう。

Tagged on: ,