株式会社日本マネジメント協会TOPページ

個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)とは

 iDeCoは、公的年金に上乗せして給付を受ける私的年金のひとつで、加入者本人が選んだ金融機関の商品で運用を行います。掛金を60歳まで支払い、60歳以降運用成果に応じた年金額を受け取ることができるという制度です。 基本的に20歳以上60歳未満のすべての方が加入できます。

税制上のメリットは?

  1. 掛金が全額所得控除の対象となるため、所得税・住民税が軽減されます。仮に毎月の掛金が1万円の場合、所得税(10%)、住民税(10%)とすると年間2.4万円の税金が軽減されます。
  2. 運用益も非課税で再投資されます。
    金融商品の運用には、運用益に通常所得税が20.315%課税されますが、iDeCOは非課税になります。
  3. 受け取るときも税制優遇措置があります。年金か一時金又はその併用で受取方法を選択することができます。年金として受け取る場合は公的年金等控除、一時金として受け取る場合は退職所得控除の対象になります。

注意点は?

  1. 原則60歳になるまで引き出せません。余裕資金で掛金を拠出することが必要です。
  2. 運用状況によっては元本割れのリスクもあります。元本保証のある定期預金と元本保証のない投資信託をミックスするなど商品の特徴を理解して選択することが必要です。
  3. 口座管理手数料などがかかります。加入時の手数料、毎月の口座管理料、商品によっては信託報酬などの手数料がかかるので、複数の金融機関を比較して選択することが必要です。

 税制上のメリットを受けながら、より豊かな老後生活を送るための資金形成方法として、iDeCoへの加入を検討してみてはいかがでしょうか。